西武・森 一心不乱スイング キャンプでは「捕手の練習がメイン」

[ 2019年1月9日 05:30 ]

フリー打撃を行う西武・森(撮影・高橋 雄二)
Photo By スポニチ

 山川とともに自主トレを行う西武・森もバットを振り込んだ。

 「キャンプに入ると捕手の練習がメインになる。振れるときに振っておきたい」。自主トレ期間中は打撃練習を重点的に行うと決め「シーズンでバッティングの波があるのを毎年感じる。そういう部分では振り込みが大事。スイングスピード、スイングする体力をつけることを意識している」とマシン打撃で一心不乱にバットを振った。また、炭谷がFAで巨人に移籍し、不動の正捕手としての活躍が求められる森は「まずシーズンを通して捕手で出続けてスタメンマスクを100試合以上が目標」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月9日のニュース