ソフトB岩崎、嘉弥真がアリゾナ自主トレ出発 「うずうずしてる」サファテと合同練習へ

[ 2019年1月9日 16:14 ]

米アリゾナの自主トレに出発する岩崎(左)と嘉弥真
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの岩崎翔投手(29)と嘉弥真新也投手(29)が9日、米アリゾナで行う自主トレに向けて出発した。昨年は2度の右肘手術で1年を棒に振った岩崎は、「リハビリも含めてしっかりやりたい。治すことが最優先で、できたら開幕くらいの気持ちでやりたい」と慎重に進める方針。2年連続50試合登板の嘉弥真は「けがをしない体づくり。筋力をアップさせたい」とテーマを掲げた。

 現地では昨季、右股関節手術を行い、リハビリに務めたデニス・サファテ投手(37)とも練習する場を設ける予定だという。「野球がやりたくて、うずうずしてるらしいので」と嘉弥真。岩崎は「うずうずしている気持ちは同じ」と共闘を誓っていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月9日のニュース