大谷カード 日本でも売れまくり ハム時代のものも人気急騰

[ 2018年4月12日 05:30 ]

<レンジャーズ・エンゼルス>試合前、日本ハム時代の同僚・マーティンと笑顔を見せる大谷(左)
Photo By スポニチ

 日本のカード市場も盛況だ。国内最大級の販売店「ミント」新宿店の出口貴大副店長は、エンゼルス・大谷のカードについて「今日も凄く売れたし全体的に値が上がっています。予想以上です」と話した。

 場所柄、外国人のコレクターも訪れる同店で最高額は、日本ハムの1年目に発売されたカードのプレミア版で現在50万円。昨年から約2倍に上がったという。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月12日のニュース