PR:

日本ハム清宮が公式戦初打点 第1打席で先制犠飛 初安打はお預け

イースタン・リーグ   日本ハム―西武 ( 2018年4月12日    西武第2 )

日本ハムの清宮幸太郎内野手
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)が12日、「3番・一塁」で先発出場したイースタン・リーグの西武戦(西武第2)で公式戦初打点を記録した。

 1死三塁で迎えた初回の第1打席。初球の直球に詰まりながらも中堅の定位置付近へ打ち上げ、先制の中犠飛。ベンチに戻るとナインからハイタッチで出迎えを受けた。4回1死走者なしで迎えた第2打席は、2―1から4球目の直球に詰まらされて中飛に倒れた。

 また、この日は腹膜炎から復帰3戦目で初めて一塁の守備に就いた。西武の先発野手は全員が左打者の布陣だったが、清宮への打球はなし。2回2死一塁から一塁走者の永江がけん制球に飛び出したが、清宮がけん制球をお手玉して二塁進塁(記録は盗塁)を許す場面もあった。

 イースタン・リーグの西武3連戦はこの日で終了。清宮の公式戦初安打は14日のファーム交流戦・阪神戦(鎌ケ谷)に持ち越しとなった。

[ 2018年4月12日 14:15 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月18日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム