PR:

広島 4連敗で止まる 阪神 メッセが退場

セ・リーグ   広島5―1阪神 ( 2018年4月12日    甲子園 )

2回表2死満塁、白井球審(右)に暴言を吐いて退場を宣告されるメッセンジャー
Photo By スポニチ

 広島が序盤に逆転し、連敗を4で止めた。

 1点を追う2回、磯村の適時内野安打で同点とし、菊池の右前適時打で逆転、さらに押し出しで加点。7回には安部の右前2点適時打が飛び出した。

 先発の岡田は6回まで1安打投球で1失点と好投。今季2勝目を挙げた。

 阪神は先発のメッセンジャーが2回に判定をめぐって球審に暴言を吐いたとして退場処分に。リリーフ陣が踏ん張ってきたが、7回に失点。打線も単打3本と元気がなかった。

[ 2018年4月12日 21:32 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月21日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム