清宮 復帰2戦目も初安打お預け 荒木2軍監督「まだ自分のスイングが…」

[ 2018年4月12日 05:30 ]

イースタン・リーグ   日本ハム7―7西武 ( 2018年4月11日    西武第2 )

<西・日>9回1死一塁、左飛に倒れる清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・清宮は、イースタン・リーグの西武戦に途中出場し、3打数無安打。腹膜炎から復帰2戦目も公式戦初安打はお預けとなった。

 6回に代打で左腕・佐野の前に空振り三振。7、9回もいずれも力ない左飛に倒れたが「体重移動とか間合いとか感覚は分かってきた。あとはちゃんとバットに当てること」と前向きに話し、報告を受けた栗山監督も「打てば(1軍で)使う」と期待を寄せた。ただ、荒木2軍監督は「まだ自分のスイングができていない」。12日の同戦は先発し、復帰後初めて一塁の守備に就く予定だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月12日のニュース