PR:

大谷 いきなり先制適時打 左腕からメジャー初安打!2試合ぶり安打&打点

ア・リーグ   エンゼルス7―2レンジャーズ ( 2018年4月11日    アーリントン )

レンジャーズ戦で先制適時打を放ったエンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルス・大谷翔平投手(23)は11日(日本時間12日)、アーリントンで行われたレンジャーズ戦に「8番・DH」で先発出場した。第1打席で先制の左前適時打。オープン戦で苦戦していた左腕に対して初スタメンで初安打をマークした。この日は3打数1安打1打点1三振1四球。試合は7―2でエンゼルスが勝利した。

 2回2死一、二塁で回ってきた第1打席。1ボールから、2013年17勝の左腕ムーアの2球目、内角91マイル(約146マイル)の直球に詰まりながらも、逆方向にはじき返して左前に運び、先制適時打を放った。安打&打点は2試合ぶり。

 第2打席は3―1の4回無死三塁。1―2から外角低めの直球に見逃し三振。第3打席は3―1の6回先頭。本格右腕ブッシュに代わり、1―1から真ん中の直球をはじき返し、痛烈なライナーを放ったが、ブッシュの好守に阻まれ、投直。

 第4打席は5―1の8回先頭。左腕ディークマンと対戦し、フルカウントから真ん中低めを見極め、四球を選んだ。しかし、その後マウンドに上がった日本ハム時代の元同僚右腕マーティンからの鋭いけん制でアウト。一度はリプレー検証でセーフとなったが2度目は戻り切れなかった。

 試合前のフリー打撃は28スイング中、柵越え9本。右翼2階席への特大弾を次々と放ち、周囲の度肝を抜いた。その後はマーティン、日本ハムから研修でレンジャーズに派遣されている榎下陽大氏らと談笑していた。

[ 2018年4月12日 09:33 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月23日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム