由伸監督 コーチ陣から練習メニュー募集へ “飽きない秋”に

[ 2017年10月20日 05:30 ]

小林(右)と言葉を交わす高橋監督
Photo By スポニチ

 巨人・高橋監督が、11月の宮崎秋季キャンプでユニークな練習メニューを募集する。

 コーチ陣に「(新しいメニューを)考えてくれとは言っている。いろんな能力のコーチがいるし、いろいろなものが出てくる」と期待し、選手からのアイデアも「あれば、言ってくれれば考える」と付け加えた。「練習量1・5倍」を宣言しているが、創意工夫で「飽きない秋」を目指す。

 ジャイアンツ球場で行われた秋季練習では、打撃コーチ陣の提案で小林、中井、橋本到が集められた。「置きティー、ティー打撃、ロングティー」の3種類を交互に10分ずつ3人で回した。メニューを短時間で変えることで指揮官は「効果が上がるように。飽きさせないというか、集中力を保たせる方法を考えないと」と解説した。 (神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月20日のニュース