アストロズ崖っぷち 敵将はマーに脱帽「配球を変えてきた」 

[ 2017年10月20日 05:30 ]

ア・リーグ優勝決定S第5戦   アストロズ0―5ヤンキース ( 2017年10月18日    ニューヨーク )

<ヤンキース・アストロズ>険しい表情で試合を見守るアルテューベ(左)とコレア(AP)
Photo By AP

 アストロズは3連敗で12年ぶりのワールドシリーズ出場へ1敗も許されなくなった。

 強力打線が田中の前にわずか3安打に封じられ、A・J・ヒンチ監督は「配球を変えてきた。スプリットが多めで、珍しく直球勝負もあった」と脱帽。先発カイケルは4回2/3を投げ7安打4失点を喫し「1番から9番まで強打者が並ぶ打線が目を覚ました。抑えるのは相当困難だ」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月20日のニュース