カブス連覇に望み バエスが2発「頑張り過ぎないようにと」

[ 2017年10月20日 05:30 ]

ナ・リーグ優勝決定S第4戦   カブス3―2ドジャース ( 2017年10月18日    シカゴ )

カブスのバエス(AP)
Photo By AP

 カブスはワールドシリーズ2連覇へ望みをつないだ。プレーオフ20打数無安打だったバエスが2本塁打。球団5人目のポストシーズン複数アーチを記録した24歳は「今まで打とうと頑張り過ぎていた。頑張り過ぎないように言い聞かせ、結果が出た」と笑みを浮かべた。

 8回には相手の空振り三振の判定が審判団の協議でファウルに覆り、抗議したジョー・マドン監督が初戦に続き退場に。ベンチも勝利への執念を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月20日のニュース