先制打の銀次 日本一の13年と「雰囲気が似てきている」

[ 2017年10月20日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルS第2戦   楽天2―1ソフトバンク ( 2017年10月19日    ヤフオクドーム )

<ソ・楽>初回1死一塁、右前打を放つ銀次。この打球を右翼が後逸し先制点が入る
Photo By スポニチ

 楽天・銀次の一打が先制点を生み出した。初回、1死一塁から千賀の初球スライダーをジャストミートした。右翼手がワンバウンドしたボールを後逸したため、藤田が生還。「1球目で振れたのが大きかった」と振り返った。

 13年に球団初の日本一に輝いた時の主力。「あの時に雰囲気が似てきている」と手応えを感じている様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月20日のニュース