広島バティスタ 守備でミスも次は好調打撃で巻き返す「良い感じ」

[ 2017年10月20日 05:30 ]

セ・リーグCSファイナルS第2戦   広島2―6DeNA ( 2017年10月19日    マツダ )

<広・D>6回1死、バティスタは左前打を放つ
Photo By スポニチ

 打撃好調が止まらない。2試合連続で「5番・右翼」としてフル出場した広島・バティスタが、3打数2安打1得点。全2得点に絡む活躍を見せ、敗戦の中で気を吐いた。

 「良い感じで打てている。初対戦の投手だったので1打席目は難しかったが、2打席目以降はうまく打てた」

 2回の第1打席こそ浜口のチェンジアップにタイミングが合わず空振り三振に終わったが、2打席目以降は高い対応力を見せつけた。4回1死一塁では、そのチェンジアップを弾き返す左前打で好機を拡大。6回1死でも左前打で出塁し、2点目のホームを踏んだ。2番手パットンと対峙(たいじ)した8回1死一塁では2球で追い込まれながら、簡単に終わらない。フルカウントからの際どいボールも見極め、四球を選んだ。

 5回裏終了で降雨コールドゲームとなった前日18日の初戦は、第1打席でフェンス手前まで運ぶ中飛。第2打席では四球を選び、決勝のホームを踏んだ。レギュラーシーズンは打率・256だったが、9、10月の月間打率は・326。計15試合で10打点と、右肩上がりでポストシーズンに臨んでいた。

 「少しバウンドが合わなかった」

 ただ、1―4の6回には痛恨の適時失策を喫した。2死一塁からロペスの右前打をファンブル。一塁走者・梶谷の生還を許し、リードを広げられた。緒方監督からも「あそこは(追い込まれていた)ロペスもミート中心に来ていたので、ホームに走者を還してはいけない場面だった」と反省を促された。

 連勝こそならなかったが、アドバンテージを含め2勝1敗と優位であることに変わりはない。指揮官が「あした切り替えていくだけ」と力を込めれば、ドミニカンも「負けたのは残念だけど、あした勝つために頑張る」と呼応した。気持ちは切り替えた。持ち前の打力で、勝利に貢献する。(柳澤 元紀)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月20日のニュース