西武白星スルリ…シュリッター4失点 辻監督「負けた気持ち」

[ 2017年8月31日 05:30 ]

パ・リーグ   西武8―8楽天 ( 2017年8月23日    Kоbо宮城 )

8回から登板したシュリッターはぬかるんだマウンドや鳥に悩まされて4失点でマウンドを降りる
Photo By スポニチ

 白星がするりと消えた。鳥が去っての試合再開。一時小降りだった雨脚が再び強まり、8回から救援した西武・シュリッターがぬかるんだマウンドの土に苦しんだ。足場が安定せず制球を乱して4失点。今季3度目の引き分けに、辻監督は「鳥の時間(が大きかった)やろ。何回も何回も(シュリッターが肩を)つくって…。こっちは負けた気持ちになるよ」と悔しさをにじませた。

 バスに乗り込むナインも無念さを隠しきれなかったが、逆転負けしなかったのが救いだ。4月23日以来の2位浮上に再挑戦する31日は、エース菊池が先発予定。2試合連続で反則投球を宣告され、再構築したフォームで臨む。「明日頑張るだけ。(菊池は)楽しみだね」と指揮官は期待を込めた。(平尾 類)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月31日のニュース