オコエ、プロ初先頭打者弾!「風が味方」雄星の初球をバックスクリーンへ

[ 2017年8月31日 18:15 ]

パ・リーグ   楽天―西武 ( 2017年8月31日    Kоbо宮城 )

<楽・西>初回無死、オコエが初球を中越えにホームラン、吠えながら生還する
Photo By スポニチ

 鳥ではなく、風のおかげ!?楽天のオコエ瑠偉外野手(20)が31日、西武戦(Koboパーク宮城)の初回、バックスクリーンへ先制の先頭打者本塁打を放った。

 昨年から7連敗中の西武・菊池の初球、148キロの高めの直球を強振。歓声の上がる中で打球はバックスクリーンへと吸い込まれた。

 自身初の先頭打者本塁打となったオコエは「ストレートが来たらフルスイングするつもりで打席に入った。上がり過ぎましたけど、感触は悪くなかったので入ってくれてよかった。風が味方してくれました」と笑顔。前夜は鳥の群れの襲来で劇的な同点引き分けに持ち込んだが、オコエは風に感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月31日のニュース