オリックス山本がプロ初勝利!球団23年ぶり高卒新人の勝利

[ 2017年8月31日 22:54 ]

パ・リーグ   オリックス14―4ロッテ ( 2017年8月31日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>プロ初勝利の山本(右)は福良監督と握手を交わす
Photo By スポニチ

 オリックスが21安打14得点の猛攻で快勝した。

 2回に若月の左前適時打とマレーロの中前適時打で2点を先制した。3回は中島の中前適時打など打者9人で4点を加えると、7回にも6安打を集中して5点を追加した。

 ドラフト4位の新人・山本は、今季2度目の登板で5回を投げ4安打2失点と好投に、プロ初勝利をマークした。球団では1994年の平井(現投手コーチ)以来となる高校出1年目の勝利。

 ロッテは3回にパラデスがソロ。5、6回には1点ずつ返し、9回にも大嶺翔が4号ソロを放ったが失点が多すぎた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月31日のニュース