ヤクルト 月間19敗は47年ぶり 今季16度目の零敗に真中監督も嘆き節

[ 2017年8月31日 21:42 ]

セ・リーグ   ヤクルト0―1阪神 ( 2017年8月31日    甲子園 )

 ヤクルトは4連敗で1970年8月以来、47年ぶりとなる月間19敗を喫した。1回無死一塁から2番山崎が初球で併殺打になるなど、阪神を上回る8安打を放ちながらつながりを欠いた。今季16度目の零敗で、1点差試合は15勝26敗だ。

 2015年のリーグ優勝を支えた強力打線も、今季はリーグ最低打率と看板倒れにある。真中監督は「やっぱり主軸に適時打や安打が出ないと(打線の)上位と下位がつながらない」と嘆いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月31日のニュース