勝利投手の権利目前で宮国降板 由伸監督「それまでの流れで判断」

[ 2017年8月31日 08:40 ]

セ・リーグ   巨人6―4広島 ( 2017年8月30日    東京D )

5回2死一、二塁で交代を告げられ降板する宮国
Photo By スポニチ

 巨人先発・宮国が4点リードの5回2死から菊池、丸に連打を浴びて一、二塁とされたところで、ベンチは2番手・山口鉄へのスイッチを決断。あと1死で勝利投手の権利を手にできる状況だったが、高橋監督は「それまでの流れで、ここまでと判断した」と説明した。

 7月12日のヤクルト戦以来となる先発登板だったが2勝目はならず「何も言えない」と言葉少なだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月31日のニュース