ヤクルト山田 4年連続20号空砲 サヨナラ負けで屈辱8月18敗

[ 2017年8月31日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト3―4阪神 ( 2017年8月30日    甲子園 )

8回1死、山田は左中間に勝ち越しソロを放ちナインとハイタッチ
Photo By スポニチ

 ヤクルトは山田の一時勝ち越しの一発も空砲に終わった。同点の8回1死。阪神・マテオの高めに浮いた140キロスライダーを左中間ソロとした。「入れに来たというか抜けた球。見逃さずに打てて良かった」。球団7人目の4年連続20号を記録し「継続することは難しいが打てて良かった」と話した。

 リリーフ陣がこの1点を守れず延長10回にサヨナラ負け。3連敗で09年8月以来の月間18敗を記録した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月31日のニュース