巨人、3カ月ぶり貯金生活 田口12勝目&長野特大弾 広島は8月負け越し

[ 2017年8月31日 20:31 ]

セ・リーグ   巨人3―1広島 ( 2017年8月31日    東京D )

<巨・広>力投する巨人・先発の田口
Photo By スポニチ

 巨人が広島を3―1で下し、連勝。最大11あった借金を完済した22日から4度目の挑戦でようやく貯金の壁を乗り越え、5月26日以来およそ3カ月ぶりに貯金を1とした。

 先発の田口が7回100球を投げて3安打1失点。前回対戦11日で完投勝利した広島をこの日も手玉に取り、失点は磯村の2号ソロによる1点のみ。危なげない投球で12勝目(2敗)を手にした。今季広島戦4勝(1敗)となった。

 2回に長野と左翼席上段への特大14号ソロで先制。3回2死満塁から亀井が2点適時打を放って加点した。2点リードの8回からはマシソン、カミネロの必勝リレーで逃げ切った。カミネロが連日の23セーブ目。

 一方の広島は先発の中村祐が5回3失点で3敗目(4勝)。打線も田口の前に7回まで散発3安打と沈黙した。連敗で8月は12勝13敗(2分け)と、1試合のみの3月を除けば今季初の月間負け越しとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月31日のニュース