中日・山井が今季初登板で初勝利!プロ入り16年目で初本塁打も!

[ 2017年8月31日 21:03 ]

セ・リーグ   中日4―2DeNA ( 2017年8月31日    ナゴヤD )

5回2死、山井は左越えにソロ本塁打を放ちベンチ前で亀沢(手前)と抱き合う
Photo By スポニチ

 今季1軍戦に初登板の中日・山井大介投手(39)が31日のDeNA戦(ナゴヤドーム)で先発。6回0/3を3安打1失点に抑え、16年8月9日ヤクルト戦以来の白星をつかんだ。また、5回の打席ではプロ16年目で初本塁打を放った。

 山井は初回にゲレーロの適時二塁打で先制点の援護を受けると勢いに乗り、DeNA打線を6回まで無失点に抑える好投を続けた。7回に筒香にソロを浴びて降板したが、救援陣がリードを守った。

 自らのバットでも勝利に貢献。5回2死からDeNA先発・今永の直球を強振し、左翼席へ運ぶプロ初本塁打を放った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月31日のニュース