青木は3の0 PO進出へ痛い敗戦も「やるしかない」

[ 2016年9月25日 12:40 ]

ツインズ戦の3回、二ゴロに倒れるマリナーズ・青木

ア・リーグ マリナーズ2―3ツインズ

(9月24日 ミネアポリス)
 マリナーズの青木宣親外野手(34)は24日(日本時間25日)、ミネアポリスでのツインズ戦に「1番・左翼」で出場し、3打数無安打。8回に代打を送られ、退いた。

 青木は初回の第1打席は右飛、3回は2死走者なしで二ゴロ。2―3の5回1死二塁では一ゴロだったが、走者を三塁へと進めた。打率は・273。チームは2―3で敗れた。

 ▼青木の話(相手先発ダフィーに)カーブがいいし、シンカーも2種類投げる、思ったよりもいい投手だった。(初回の大きな右飛は)惜しいところまで行ったけど、自分の悪いところがあった。(プレーオフ進出争いで)今日の負けは痛いけど、やれるだけやるしかない。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2016年9月25日のニュース