和田抹消も救った!ソフトB中田 中4日快投 離れん1差

[ 2016年9月25日 05:30 ]

<西・ソ>サファテ(右)からウイニングボールをもらう中田

パ・リーグ ソフトバンク4―3西武

(9月24日 西武プリンス)
 ソフトバンク・中田は自分を信じた。初回先頭から連続四球を与えるなど1死一、三塁。試合前まで通算14打数7安打3本塁打と苦手とするメヒアに対し、2ボールとなるも逃げなかった。

 「最近、自分のボールが増えてきた。気にせず腕を振った」。外角低めへ128キロスライダーを投げ込み、遊ゴロ併殺打。このピンチをしのいで今季6勝目につなげた。

 中田は「勝つしかない状況だし、体力と馬力だけが、僕の長所。何とかそれを見せることができた」と胸を張った。先発予定だったリーグトップ15勝の和田が左肘違和感で前日23日に出場選手登録を抹消され、中4日の強行軍で先発。6回1安打無失点の快投でチームを救った。和田から「いろいろ悪かった」と謝罪されたという中田は「和田さんは一年間投げてきた。その分まで」と意気に感じ役目を果たした。

 就任2年目で初めて先発を中4日で起用した工藤監督は「中4日の方がいいんじゃないか?と声を掛けた。本人は“いいえ”と言いましたけど」と感謝しながら話した。残り6試合で首位・日本ハムと1ゲーム差。背番号11の快投が逆転Vへ夢をつなげた。 (福浦 健太郎)

 ▼ソフトバンク・和田 中4日にさせたのは僕。カバーしてくれた。賢一(中田)の記事をたくさん、書いてあげてください。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年9月25日のニュース