立大・上野敦がリーグ戦初本塁打 早大・小島から2ラン

[ 2016年9月25日 12:23 ]

東京六大学野球秋季リーグ戦 立大―早大

(9月25日 神宮)
 立大の上野敦大捕手(4年=長崎日大)が25日、東京六大学野球秋季リーグ戦第3週の早大1回戦でリーグ戦初本塁打をマークした。0―1の2回、2死一塁で早大・小島から左翼席へ飛び込む2ランを放った。

 上野敦は今春までリーグ戦3試合出場で計1打数無安打。秋初戦の17日の法大1回戦でスタメン起用されると、リーグ戦初安打を含む2安打を記録した。リーグ戦通算6試合目の出場で、うれしい一発となった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年9月25日のニュース