ロッテ・サブロー 涙の引退試合 最終打席で“らしく”花道飾る

[ 2016年9月25日 15:38 ]

<ロ・オ>9回1死、サブローはナインやファンの見守る中、右中間二塁打を放つ
Photo By スポニチ

パ・リーグ ロッテ0―2オリックス

(9月25日 QVCマリン)
 ロッテのサブロー外野手(40)が25日、本拠地QVCマリンフィールドでのオリックス戦で引退試合を行った。

 「4番・DH」で先発出場し、マリン名物のウグイス嬢・谷保恵美さんによる「サブロー~~~」コールに乗り、この日4度打席に入った。第3打席まで空振り三振に倒れ、迎えた9回の第4打席。通常より長いコールに後押しされて臨んだ最後の打席で、オリックスの守護神・平野から右中間への二塁打。サブローらしい打撃で、自身の花道を飾った。

 9回には外野の守備も。左翼でオリックスファンから拍手を受けると、1死からはロッテファンの待つ右翼へ。大声援に涙を浮かべ、慣れ親しんだ「定位置」に着くと最後は頭を下げて感謝の思いを表していた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年9月25日のニュース