ダル 美酒お預け地区連覇 25日登板で自重「凄く心残り」

[ 2016年9月25日 05:30 ]

<アスレチックス・レンジャーズ>地区優勝を決め、笑顔でナインの元へ向かうレンジャーズのダルビッシュ(右端)

ア・リーグ レンジャーズ3―0アスレチックス

(9月23日 オークランド)
 レンジャーズが23日(日本時間24日)、2年連続の地区優勝を決めた。

 マジック1で迎えた敵地アスレチックス戦に快勝。試合後、マウンド付近でチームメートと喜びを分かち合ったダルビッシュは24日(同25日午前5時5分開始)の同戦先発のためシャンパンファイトには参加せず。「今日だとシャンパンとか飲んだりできないので、それだけが凄く心残り」と苦笑いし、飲酒トラブルのあった中継ぎのブッシュ、ジェフレスに配慮されたジンジャーエールでの乾杯にとどめた。

 右肘手術後のリハビリ中だった昨季と違う喜びがある。復帰した今季は5勝を挙げ「去年は一球も投げていないので微妙な感じだったけど今年は多少は投げているので、ちょっと違う」。8月に30歳になった右腕は若手選手に助言する場面も多く「ベテランだから」とチームを引っ張る自覚が芽生えている。「日本の時に何回かプレーオフで投げているから、その経験を生かしていきたい」と先の戦いを見据えた。 (奥田秀樹通信員)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年9月25日のニュース