ロッテ劇的!サヨナラでCS進出 伊東監督「ひと泡吹かす」

[ 2016年9月25日 05:30 ]

<ロ・オ>ファンにCS進出を報告する細谷(左)と中村

パ・リーグ ロッテ4―3オリックス

(9月24日 QVCマリン)
 延長10回無死満塁で、途中出場のロッテ・細谷は「おいしい」と決める気満々で打席に入った。「外野フライを狙った」という打球は左前へ。劇的なサヨナラ勝利で2年連続CS進出を決めた。

 ディクソンの前に7回まで4安打1点に抑えられたが、嫌なムードが流れた9回1死一塁で起死回生の一発を放ったのは伏兵・中村だった。フルカウントから6球連続ファウルで粘り、12球目の直球を左翼席へ同点5号2ラン。「フォークは捨てていた」と平野との全球直球勝負を振り返った。

 球団の2年連続Aクラスは85年以来31年ぶり。それでも伊東監督は「上位2チームとの差は屈辱的。短期決戦でひと泡吹かす」と宣言。細谷も「いいときのウチの野球ができた」と手応えを口にした。 (君島 圭介)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年9月25日のニュース