東海大のドラフト候補、丸山 2回2/3を無失点好投「成果出た」

[ 2016年9月25日 20:02 ]

首都大学野球秋季リーグ戦 東海大8―2帝京大

(9月25日 相模原)
 今秋ドラフト候補の右腕・丸山泰資投手(4年、東邦)が3番手で登板し、2回2/3を無失点と好投した。

 3年春のリーグ戦・日体大戦で完全試合を達成した151キロ右腕。今春リーグ戦中に右肩の違和感が出た影響で今年は本調子ではなかったが「この1週間、横井監督に投げ方を指導していただいた成果が出た」と手応えを口にした。

 プロを志望しており「行けたらいいなとは思っているが、まだ試合は続いている。今できることをやっていきたい」と気を引き締めていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年9月25日のニュース