左アキレス腱断裂の阪神・西岡 週明けにも手術へ 来季契約も更新

[ 2016年7月22日 05:30 ]

20日の巨人戦で左アキレス腱を断裂した西岡

 左アキレス腱(けん)断裂で戦線離脱した阪神・西岡はこの日、精密検査を受けた。球団から詳しい診断結果の発表は見送られたが、週明けにも手術する。今シーズン中の復帰は絶望的。しかし負傷した20日夜にはチームの関係者に電話で「絶対に諦めずに頑張ります」と、一日も早い復帰へ意欲を見せていた。

 球団も、リハビリ過程を見守り、復帰を待つ姿勢だ。来季も戦力として考えており、今オフも契約を結ぶ意向だと、球団関係者が明かした。

 「チームにとっては大きな痛手です。大ケガなので心配です。とにかく、今は一日でも早く治ることを願うだけです。もちろん(大事な戦力)ですし、戻ってくることを待っています」

 選手生命を脅かすほどの重傷。歩行が可能になるまで数カ月の時間を要する。さらにリハビリを経て、プレーが可能になるまで1年以上に及ぶかもしれない。それでも球団は、現時点での最善の誠意を示し、復帰プランをサポートしていく。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年7月22日のニュース