西武 好機で2度凡退のおかわり心配「下半身に粘りがない」

[ 2016年7月12日 22:13 ]

パ・リーグ 西武1―5楽天

(7月12日 西武プリンスD)
 西武の田辺監督は、3、5回の好機で凡退した4番中村の打撃を「下半身に粘りがないように感じる。上体で振っているからバットのヘッドも出てこない」と心配した。中村は今季、股関節痛などで戦列を離れている。1日に復帰したが、いまひとつの状態が続いている。

 田辺監督は浅村、中村が倒れた1―2の5回1死満塁を振り返り「そこで一本出れば展開は違っただろうし、そういうところだよね」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年7月12日のニュース