米国 第1戦先発は159キロ右腕「アグレッシブに」

[ 2016年7月12日 05:30 ]

公式会見で意気込みを語るホートン監督(右)とホウク

日米大学野球

 米国はロサンゼルスと台湾で計10試合の練習試合をこなし、万全の態勢で日本入りしてきた。

 24人中23人が2年生、1人が1年生という若いチームだが、ジョージ・ホートン監督は「我々は投打にバランスの取れたチーム」と自信を示す。最速99マイル(約159キロ)を誇る1メートル96の長身右腕ホウクは第1戦に先発予定で「アグレッシブにストライクを取りにいく」と意気込んだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年7月12日のニュース