西武 牧田、球宴は1イニング程度登板へ 右膝痛で2軍調整中

[ 2016年7月12日 16:56 ]

 右膝痛で2軍調整中の西武・牧田は、球宴では1イニング程度の登板となる見込みだ。

 ファン投票のパ・リーグ中継ぎ部門で1位となったサブマリンは、10日のイースタン・日本ハム戦(鎌ケ谷)に2番手で登板。1回を1安打無失点で勝利投手となった。この日、潮崎ヘッドコーチは「もう2軍は試合がないし、このままオールスターにいく。中継ぎだし、投げても1イニングとかだと思う」との見通しを語った。

 牧田は球宴出場が決まった際、「一日でも早く治したい。間に合うとは思う」と強い意欲を見せていた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年7月12日のニュース