ソフトB武田 ロッテ止める「気合入れていこうかなと」

[ 2016年7月12日 05:30 ]

キャッチボールをする武田

 ソフトバンク・武田が12日のロッテ戦でハーラートップタイの9勝目を狙う。

 2位・日本ハムとともになかなか引き離せない3位チームに対し「流れを前半のうちに止めて、うちはもっといい流れに乗りたい」と完勝宣言。今季、東京ドームは2戦2敗、防御率7・20と苦手で、6月27日に負けた涌井との再戦でもあり「リベンジで気合入れていこうかなと思います」と意気込んだ。工藤監督は先発で好投が続く岩崎を「2試合(限定)ね」と中継ぎに戻し、前半戦最終カードの連勝を期す。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年7月12日のニュース