ソフトB、バンデンと3年契約延長 総額12億円!異例6月合意

[ 2016年6月22日 05:30 ]

キャッチボールをするバンデンハーク

 ソフトバンクは21日、リック・バンデンハーク投手(31)と来季から新たに3年契約を結んだことを発表した。3年総額12億円プラス出来高契約と見られる。キャンプイン後から交渉を開始し、6月中という異例の早さで合意にこぎつけた。

 昨季、韓国サムスンから入団すると今季は5月10日のロッテ戦(ヤフオクドーム)で66年に堀内恒夫(巨人)が記録したデビュー13連勝を更新する初登板からの14連勝。同時に87~88年の郭泰源(西武)の外国人投手連勝記録まで更新した。メジャーの獲得調査も活発になっていることも察知し、2年契約が切れる今オフを待たずに残留交渉を決着させた。三笠杉彦球団統括本部副本部長は「結果はご存じの通り。野球に取り組む意欲がお手本。抜群のパフォーマンスで連覇を続けるには必要戦力。3年間、活躍してもらえると思う。いろんな選択肢がある中で残ってくれてよかった」と胸をなで下ろした。

 バンデンハークは球団を通じて「素晴らしいチームメートと一緒に、さらに多くの優勝を勝ち獲り、素晴らしいファンの皆さんの前でプレーできることをとても楽しみにしています」とコメント。疲労が抜けきれないために現在、出場選手登録を抹消されているが、22日にもブルペン投球し、1軍復帰への可否を判断する。「(状態は)良くなっている」と笑顔を見せた背番号44。最強助っ人の残留は黄金期の到来を予感させた。

 ▼ソフトバンク・工藤監督(バンデンハーク残留の一報に)うれしく思います。負けない投手と一緒にできるのはありがたい。本当に(日本球界に)慣れて良くなるのは来年。長く、一緒に野球できるのはありがたい。

 ◆リック・バンデンハーク 1985年5月22日生まれ、オランダ出身の31歳。02年にマーリンズに入団し、07年4月10日のブルワーズ戦でメジャーデビューを果たした。メジャー通算成績は50試合で8勝11敗、防御率6.08。13年からは韓国・サムスンで2年間プレー。5月10日には昨年の来日初登板からプロ野球新記録となる無傷の14連勝を飾るなど今季も6勝1敗、防御率3.41と好調。09年WBCオランダ代表。1メートル98、105キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月22日のニュース