ロッテ伊東監督 涌井でソフトB叩き「俺は自分の目を信じる」

[ 2016年6月22日 05:30 ]

仁王立ちして練習を見守る伊東監督

 逆転優勝へ、ロッテ・伊東監督がリーグ戦再開後の先発ローテーション変更を打ち出した。

 QVCマリンフィールドの室内練習所で全体練習を行った後、「ワク(涌井)は順番を変える」と明言した。エースの涌井を2カード目となる27日のソフトバンク戦(東京ドーム)に投入する。再開後の初戦、24日の西武戦(前橋)は防御率リーグトップ(1・30)の石川で確実に取り、7・5ゲーム差で追う首位ソフトバンクを、勝負強い涌井で倒しにいく。今季の涌井はソフトバンク戦1勝1敗だが、指揮官は「データは関係ない。俺は自分の目を信じる。ウチも優勝を狙えるチームになった」と選手への信頼を口にしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月22日のニュース