絶不調中日ビシエドに強力援軍 家族来日、生まれたばかりの次男も

[ 2016年6月22日 05:30 ]

谷繁監督(左)にバッティングフォームをチェックしてもらうビシエド

 ビシエドに援軍だ。中日は21日、24日のリーグ再開に向けナゴヤドームで練習再開。フリー打撃で汗を流した主砲は、数日前に米国から3月に生まれたばかりの第3子(次男)を含めた家族が来日したことを明かした。

 「息子が来てるんだ。3月に会って以来だよ」

 月別成績は、開幕直後の3~4月が打率・347と好調も、6月は打率・190と苦しむ。交流戦最後の19日の日本ハム戦で2安打し「感覚がよかったのでこの調子を続けられるように」と手応えを口にした。

 この日は谷繁監督と約10分間、談笑するなどリラックス。24日からのヤクルト戦は打率・364と相性のいい神宮が舞台だ。母国の新学期前、8月中は家族が日本に滞在できる見通し。愛する人々の笑顔を力に「チームも自分も(リーグ再開で)スタートダッシュしたい」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月22日のニュース