ソフトB 城所が交流戦MVP 広島・鈴木、日本ハム・大谷に日本生命賞

[ 2016年6月22日 15:52 ]

交流戦のMVPに選ばれ賞金ボードを手に笑顔のソフトバンク・城所

 日本生命セ・パ交流戦の表彰選手が22日に発表され、最優秀選手賞(MVP)は城所龍磨外野手が受賞した。獲得賞金は200万円。

 城所は12球団トップの打率4割1分5厘、5本塁打、12打点を記録。盗塁も6つ成功した。19日の阪神戦では自身初の満塁本塁打でチームを2年連続の最高勝率に貢献。受賞に「本当にびっくり。出来過ぎなぐらい」と喜びを口にした。

 セ、パ各1人ずつ選ばれる日本生命賞(賞金100万円)は、セが2試合連続サヨナラ本塁打を放った広島の鈴木誠也外野手、パでは公式戦最速の球速163キロを連発し、3試合登板で3勝、防御率0・38をマークした大谷翔平投手が選ばれた。。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月22日のニュース