マエケン 復調の理由「直球を有効に使えるようになった」

[ 2016年6月22日 05:30 ]

 ドジャース・前田は19日のブルワーズ戦から一夜明けたこの日、キャッチボールなどで調整。同戦では右すねの痛みに耐えながら先発したが、体の状態については「大丈夫です」と問題なしを強調した。

 1勝2敗、防御率5・04だった5月から、6月は2勝1敗、防御率1・82と復調。捕手のエリスは「直球を有効に使えるようになったのが分岐点。スライダーはもともと良いけど、直球が制球できていることで大リーグでもトップクラスの投手になっている」と分析した。(ロサンゼルス・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月22日のニュース