×

“ラブラブ”ロッテ大嶺祐 登場曲に新妻の歌「アップテンポで」

[ 2016年2月16日 06:30 ]

小浜島の小浜小中学校を訪れた大嶺祐はサインのサービス

 ロッテの大嶺祐が今季ホームゲームの登場曲を、12日に結婚した歌手や女優として活動する琴菜の曲にすることを明かした。

 交際中の14年から琴菜の曲を登場曲に採用し、昨季も「好きなのに…。Ohmine ver.remix」を使ったが、妻の歌を流して登場するのは球界でも超異例。琴菜が作詞作曲し、自ら歌う。「気持ちが高ぶるようなアップテンポの曲にしてほしいと頼んでいる」。昨季自己最多の8勝を挙げた右腕は新妻の後押しを受けて2桁勝利を狙う。

 この日は3度目のキャンプ休日を利用して小浜島の小浜小中学校を訪問し、小学生37人、中学生13人と交流。石垣島出身の27歳は「これを機に野球を始めてもらえればいい。来年も離島に行きたい」と笑顔を見せた。 (渡辺 剛太)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2016年2月16日のニュース