西武・山川 腰痛訴え紅白戦欠場、田辺監督「様子を見る」

[ 2016年2月16日 19:40 ]

 西武の山川穂高内野手(25)が16日にキャンプ地の宮崎・南郷で腰痛を訴え、紅白戦を急きょ欠場した。

 午前中の打撃練習中に痛めたそうで、一塁手でスタメン出場する予定だった紅白戦はベンチから試合を見守った。田辺監督は「腰を痛めたみたいだ。まだ(けがの程度が)分からないので、様子をみる」と説明した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年2月16日のニュース