×

清原容疑者に譲渡容疑で覚せい剤の密売人逮捕 群馬のコンビニで接触

[ 2016年2月16日 00:01 ]

覚せい剤所持で逮捕された清原容疑者

 元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が覚せい剤所持容疑で逮捕された事件で、警視庁は15日、覚せい剤を譲り渡したとして、覚せい剤取締法違反容疑(営利目的譲り渡し)で密売人とみられる群馬県みどり市の無職小林和之容疑者(44)を逮捕した。

 警視庁によると、小林容疑者は、群馬県まで来た清原容疑者の乗用車内で夜に覚せい剤の取引をしていた。警視庁は、著名人だった清原容疑者と小林容疑者が人目を避けて売買を繰り返していた可能性があるとみている。

 警視庁は、清原容疑者が過去に複数回、群馬や栃木県に行って小林容疑者と接触後、都内のホテルに入る行動を繰り返していたとみており、携帯電話の通信記録を解析し入手経路を調べていた。

 逮捕容疑は1月31日午後9時前、営利目的で群馬県太田市東今泉町のコンビニ駐車場で覚せい剤約0・2グラムを4万円で清原容疑者に譲り渡した疑い。

 小林容疑者は清原容疑者が逮捕されて以降、行方が分からなくなっていた。捜査員が15日に沖縄県で小林容疑者を発見し、午後5時半すぎに逮捕した。小林容疑者は「まったく知りません」と容疑を否認している。

 清原容疑者は所持容疑を認め「腕に注射したり、ガラスパイプであぶって吸ったりしていた」と使用についても供述。その後の調べに、覚せい剤を受け取った状況の供述を始めていたが、入手先は明らかにしていなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2016年2月16日のニュース