序盤4失点…カブス エース誤算は投げ過ぎ疲労原因?

[ 2015年10月20日 05:30 ]

<メッツ・カブス>3回までに4失点のカブス・アリエッタ(AP)

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第2戦 カブス1―4メッツ

(10月18日 ニューヨーク)
 カブスはアリエッタが3回までに4失点と誤算だった。

 エース右腕を先発に立ててチームが敗れるのは、7月25日のフィリーズ戦で相手先発ハメルズにノーヒットノーランをされた時以来。速球の平均球速93マイル(約150キロ)はレギュラーシーズンより落ち込みが激しく、ポストシーズンを含め今季248回2/3を投げている疲労が原因に指摘されている。ジョー・マドン監督も「それが理由かと言われたら、否定はできない」と渋い表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月20日のニュース