谷繁監督謝罪…中日オーナー“対話路線”でV奪回を厳命

[ 2015年10月20日 05:30 ]

オーナー報告を行った中日の谷繁監督(左)と白井オーナー

 中日の谷繁監督が名古屋市内で「オーナー報告」を行った。

 兼任監督就任から2年連続のBクラスに終わり、監督業に専念する来季に向けて白井オーナーからは「自分の気持ちをチームの人々に理解してもらえるように努力しなさい。信念を曲げず、ベストを尽くして優勝を目指せ」と「対話路線」でのV奪回を厳命された。来季も選手時代と同じ背番号27を着けることがこの日に決まった指揮官は「今年の成績に対してすみませんでしたと言った。今まで(自分の練習で)使えなかった時間をフルに選手に使って、少しでもレベルアップできるようにやっていく」と強い決意を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月20日のニュース