アンダーソン帰国 来季は「巨人が第一希望」 原監督には「感謝」

[ 2015年10月20日 13:15 ]

帰国の途に就いたアンダーソン

 巨人のアンダーソンが20日、成田空港から米国へ帰国の途に就いた。オフに左肘を手術して迎えた今季は、83試合で打率.252、7本塁打、31打点に終わった。来季については「日本でやりたいし、巨人でやるのが第一希望。ほかの国やほかのチームのオファーがあれば、判断材料として耳を傾けたい」と話した。

 また、退任する原監督について「本当に感謝の一言に尽きる。いろいろ教えてもらった」と思いを語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月20日のニュース