タイガース 先発左腕ノリスが甲状腺がん告白「私にお祈り下さい」

[ 2015年10月20日 13:52 ]

タイガースのダニエル・ノリス投手 (AP)

 タイガースの先発左腕ダニエル・ノリス投手(22)が19日、今季シーズンはじめに甲状腺がんと診断されていたことを告白した。

 ノリスは自身のインスタグラムの中で、今季はがんと知りながらも投げ続けていたことを伝え、その理由を「シーズン中に手術を受けることもできたが、別に診てもらった医師からシーズン終了後まで待つことができると不安を和らげてくれたので」と続けた。

 手術がいつ行われるかについては触れていなかったが、「そろそろがんを取り除いてすべてが終わりとなる時がきた。手術でがんから解放されるようにどうか私にお祈り下さい」とファンへメッセージが送られていた。

 ノリスは2011年にブルージェイズからドラフト2巡目(全体74位)での指名を受け、14年にメジャーデビュー。今季はシーズン途中からタイガースへと移籍し、2球団合計で13試合に登板して3勝2敗、防御率3・75という成績だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月20日のニュース