西武 痛恨の継投失敗「勝負には勝ったんだけどね…」

[ 2014年5月21日 23:00 ]

交流戦 西武3―4巨人

(5月21日 西武D)
 西武は継投に失敗した。3―1の8回、巨人の攻撃は7番から。上位打線が左投手に強いと考えた伊原監督は、ここまで6セーブの左腕高橋を8回に投入し、セーブの経験がない2年目の増田に9回を託した。

 これが裏目に出た。増田が安打と2四球で2死満塁を招くと、村田の力ない飛球が二塁手と右翼手の交錯を誘い、走者一掃の逆転適時打に。指揮官は「打順を見て、力のある右投手でいった。村田(の当たり)にしても、勝負には勝ったんだけどね…」と悔しそうだった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月21日のニュース