岩隈が今季3勝目!抜群の安定感、8回6安打2失点

[ 2014年5月21日 12:02 ]

レンジャーズ戦に先発したマリナーズ・岩隈

 米大リーグ、マリナーズの岩隈は20日(日本時間21日)、アーリントンでのレンジャーズ戦に先発、8回99球を投げて6安打2失点と好投し、今季3勝目を挙げた。マリナーズは6―2で勝った。

 初回は11球で3者凡退に抑えたが、2回先頭のA・ベルトレに左越えソロを浴びて8日のロイヤルズ戦から続いていた連続無失点は17回でストップ。1死後、モアランドに左前打を許したが、チョイスを二ゴロ併殺に仕留め、最少失点で切り抜けた。

 と直後の4回に味方打線が援護した。マリナーズは先頭から3連打で同点に追いつき、なお1死満塁からシーガーの左前打で2点勝ち越し、フランクリンの左犠飛で計4点。5回にも2死一、二塁かたカノの右前適時打で1点を追加してリードを広げた。

 岩隈は4回1死一、二塁からリオスに中前適時打を許したが、続くモアランドを二ゴロ併殺に仕留め、ここも1点で切り抜けた。5回以降は8回までレンジャーズ打線を抑え込んだ。

 今季はケガで出遅れ、初登板は今月3日のアストロズ戦だったが、ここまで4試合に登板して3勝0敗、防御率1・76と抜群の安定感を誇っている。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月21日のニュース