ハム3年目の石川慎「男は黙って初球から」プロ1号V弾

[ 2014年5月21日 05:30 ]

<日・中>7回2死二塁、2ランを放った石川慎(中央)はナインとハイタッチ

交流戦 日本ハム7―5中日

(5月20日 札幌D)
 日本ハムは3年目・石川慎のプロ1号が勝負を決めた。

 1点差の7回、先頭・陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)の左越え9号ソロで同点とし、さらに2死二塁となって代打で登場。「男は黙って初球から」と左腕・パヤノの初球、148キロ直球をバックスクリーンへ運んだ。東大阪大柏原時代は通算55本塁打を記録したスラッガー。前回(4月20日の楽天戦)のお立ち台も大谷の登板試合とあって「あすも翔平に投げてもらおうかな」と笑顔だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月21日のニュース