ブーイングは悲しかった…巨人・片岡 古巣に恩返し打

[ 2014年5月21日 05:30 ]

<西・巨>3回無死一、二塁、片岡が左中間に適時三塁打を放ち、中村が見つめる中ベンチに向かってガッツポーズ

交流戦 巨人9―1西武

(5月20日 西武D)
 巨人・片岡が古巣相手にバットで恩返しだ。

 3回無死一、二塁から左中間を破る2点三塁打。「バントのサインが出なかったので結果を恐れずにいきました」と安どの笑顔を見せた。昨オフにFA移籍。かつての本拠地ではメンバー発表からブーイングが続いたが「悲しかったけど、しゃあないですよね。いいプレーが見せられればいい」と2四球を加えた3度の出塁で勝利に貢献した。

 ▼巨人・セペダ(8回の右越え2号ソロ含む2打点)本塁打はしっかり捉えることができた。(初回の牧田からの犠飛は)あそこまで下から投げる投手はキューバにあまりいない。立ち遅れないように意識した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月21日のニュース