新井貴 9年ぶり代打弾「とにかく振っていこうと…」

[ 2014年5月21日 23:08 ]

交流戦 阪神7―6オリックス

(5月21日 京セラD)
 阪神の新井貴が6回に2005年以来となる代打本塁打を放った。比嘉の初球を起死回生の2号同点2ランとし「いったと思った。結果的にいいホームランになってよかった」と納得の表情だった。

 今季はゴメスの加入で代打に回った。この日も指名打者が使えない中、限られた出番で存在感を示した。「どんどん積極的にならないと1打席は難しい。とにかくスイングできる球を振っていこうと」と必死さを強調した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月21日のニュース