マー君 シカゴ名物強風も対応へ「マリンもそうだった」

[ 2014年5月21日 05:30 ]

日本人初となるデビューからの7連勝を目指す田中

 ヤンキース・田中が20日(日本時間21日午前9時5分開始)のカブス戦で記録ずくめの1勝を目指す。

 勝てば初めてリーグトップに並ぶ7勝目、デビューから7連勝は日本人大リーガー初となる。この日、エンゼルスのリチャーズが今季初黒星を喫し、両リーグの規定投球回に達する投手で無敗は田中だけとなった。

 この日は敵地リグリー・フィールドで調整。シカゴは「ウインディー・シティー(風の街)」と呼ばれ、ミシガン湖から吹く強い季節風が有名だが「マリンもそうだった。当日の、その中で対応できれば」という。QVCマリンのロッテ戦は5勝2敗、防御率1・91だった。カ軍は4月16日に8回無失点に封じ、大リーグで初めて同一球団との再戦。相手の対策も考えられるが「僕も試合の中で、そういう相手に対応していけばいい」と適応力を発揮する。ヤ軍は故障者リスト入りした開幕投手のサバシアの復帰が、7月以降になることが判明。負けないエースに周囲の期待は高まる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月21日のニュース